HOME > つばさ福祉作業所

つばさ福祉作業所

『つばさ』
生まれてかわいい盛りの1歳半の健診において、「お子さんを専門の人に相談してください」と告げられ、はじめて耳にした『障がい』という言葉・・・。
寝屋川市には、障がいのある子どもと親が通園する施設「あかつき園・ひばり園(現療育センター)」があります。平成4年から4年間、縁あってこの施設で働く機会を得て、職員、子どもたち、ご家族の方々から多くのことを体験させていただきました。知識としてではなく現実として、はじめて「障がいのある子どもたち」と出会ってきました。「あかつき・ひばり園」は私を支える心のふるさとです。
「あかつき・ひばり園」は、専門の医師等先生方の援助、支えを受けながら、親の願いに必死になって応え、「親を励まし、親を支え、共に歩んできた歴史」があります。そこでは職員や家族が綴った機関紙『つばさ』がありました。
「あかつき・ひばり園」に通園していた子どもたちも。やがて18歳を迎え、社会人となったとき、民間企業等では働くことが難しく、日々施設(事業所)に通所し、作業をして、日中活動を行う「障がい者通所施設」があります。縁あって成人施設を建設するにあたり、名称を考えた末、この精神を少しでも受け継ぐことができるようにと思い、『つばさ』と名付けました。

社会福祉法人 療育・自立センター
常務理事 辻󠄀本 治雄

つばさ福祉作業所

施設情報

事業所名 つばさ福祉作業所
住   所 〒572-0073
寝屋川市池田北町15番9号
電話番号 072-839-2234
FAX番号 072-839-2236
E-Mail tubasa5@mild.ocn.ne.jp
建物構造 鉄骨造5階建
延床面積 698.85㎡
提供サービス 障害福祉サービス 生活介護事業
利用定員20名
① 手 織 科
② 木 工 科

作業科目としては、手織科と木工科の2つのグループに分かれています。どちらの科目でも、すべて手作り、なかまたちが一つひとつ丁寧に製作し、「世界に一つ」の製品を製作し、販売しています。木工製品では、大阪府授産振興コンペティションにおいて「大阪府知事賞」を受賞し、作品のデザイン・機能・出来栄え等についても高い評価をいただいております。

販売活動で、お客様からの「ありがとう」の言葉、なかまたちにとってこれほどうれしいことはありません。自分たちの作った商品が売れた喜び、売れなかった時のしょんぼり感、毎日の作業の励みになっています。

私たちの活動は、地域のみなさまに支えられています。そんな地域の皆さまに私たちができることとして、学校や地域の公民館や墓地等の清掃活動、地域の自治会による回覧板配布の作業などにも取り組んでいます。夏の暑い日も、冬の寒い日も、地域での活動を大切にし、日々の作業に励んでいます。

各ページで紹介している製品はほんの一部です。まだまだいろんな製品もございますし、新製品の開発もしております。実際に見に来ていただき、手にとり「世界に一つ」の製品に出会えるお手伝いもしておりますので、一度「つばさ福祉作業所」にご連絡ください。お待ちしております。

手 織 科
木 工 科